音楽

2012年8月 4日 (土)

「故郷」童謡カラオケ

デイサービスでもよく伴奏していた曲です。
今回、カラオケを作ってみました。
こうして名曲と向き合ってみると、歌い継がれている理由がわかりますね。
メロディーはあえて省きました。心の中で歌ってみてください。
あなたの大切な故郷を想い浮かべながら。

「故郷」
作詞/高野辰之
作曲/岡野貞一
(著作権PD)

うさぎ追いし かの山
こぶな釣りし かの川
夢は今もめぐりて 忘れがたきふるさと

いかにいます 父母
つつが無しや ともがき
雨に風につけても 思い出ずるふるさと

こころざしを 果たして
いつの日にか帰かえらん
山はあおきふるさと 水は清きふるさと

忘れがたきふるさと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月18日 (日)

YouTube「深呼吸〜instrumental 〜」 UPしました。

デイサービスでのリラクゼーションプログラムに使用する、ヒーリングミュージックを作りました。
ヨガの呼吸法のように最初は息を全部吐き出します。それから新鮮な空気をイメージしながら5秒間かけてゆっくりと鼻からお腹が膨らむ様に吸気します。次に、その3倍の時間を掛けて口から細く吐いていきます。慣れてくるともっとユックリ出来るようになります。
目安としては曲のテンポが60bpmなので1拍が1秒です。
出来れば10分続けたいところですが、曲は4分程で終わってしまいますね(笑)

ご視聴はヘッドホンがオススメです。
YouTube「深呼吸〜instrumental 〜」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月15日 (日)

42歳

朝、起床して友人からのメールを見るまで誕生日だということに気がつかなかった。
それほど気にしていない自分の誕生日だけど、昨日は覚えていたんだ。
昨日、利用者さんに「あんた明日は誕生日だからこれ持って来た。」とミカンと栗せんべいをもらったんです。(規則上、ホントは貰い物とか断らなきゃいけないんだけどね、そんなこと言っちゃいけない時もある)本当に嬉しかった。
利用者さんの誕生日にはバースデーカードを作って、皆で「ハッピーバースデイ♪」歌ってあげるんだけど、時には感激して涙をこぼす利用者さんもいます。
「こんな歳になっても祝ってもらえるなんて。」と。
日常の中で少しだけ特別な日。
生きている事に感謝。生かされていることに感謝。する日。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2011年8月21日 (日)

セッション参加

浜松では久々のライブでした。
バンマスはSAX吹いてる高校の同級生の健ちゃん。(写真手前で親指立ててる)同窓会ぶりです。ちょっとお腹が出ていたのはお互い様(笑)

Dsc_00072
なんと、彼は僕が最初に組んだバンドのメンバーのひとり。こうやってまた一緒に演奏するとは思っていなかったから、楽しかったし、嬉しかった。誕生日おめでとう!SAXも上手くなってた。
他のメンバーは初めましてだったけど温かく迎え入れてくれました。今回はJAZZということで、こういったセッションに慣れているんですね〜。僕はJAZZなんてやったことなかったけど、自分の音は出せた。初めてなら充分でしょ。参加したのは終盤5曲。

M6. Cantaloupe Island
M7. Fly me to the moon
M9. IN EVERY PLACE(Instrumental)
M10. It's Magic
EN. The Chicken

よく考えると生ピアノは10年以上ぶり。しかもライブでは初めて。これはね気持ちよかったよ。これだけでも参加したかいがあった。ピアノの隆子さん退かせてしまって申し訳ないです&ありがとうございました。今回、僕はギターアンプ持ち込みでウーリッツァー、エレピ、クラビ、オルガン、ストリングス。最後はWAHペダルをフミフミ、パーカッシブに。6月のステージではピーンと張りつめたシビアな演奏だったのでストレス発散という意味では大成功。

そうそう、これまた嬉しい再会。アブミュージックの親父さんが観に来てくれました。誰かメンバーが呼んだのかと思ったら、僕の名前を見つけて来てくれたそうです。うれしかった〜。もっと話をしたかった。今度、スタジオにも遊びにいこう。

2011082022310000

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年6月24日 (金)

ライブ終了

ただいま〜。
静岡音楽館AOIにてライブやってきました。
ボリューム満点でお疲れ。
最近の傾向はね・・・本番だけがんばる!

こんなセットリストでした。
シャンソン、カンツオーネ等。

第一部
1  パリアラモード
2  幸せを売る男
3  ピギャール
4  酔いしれて
5  アリベルチ・ローマ
6  人の気も知らないで
7  哀れなジャンの歌
8  私の神様
9  ピノキオへの手紙
10 ラストダンスは私に
11 この街で
12 美しい恋物語
13 愛の讃歌

第二部
1  踊り明かそう
2  スミレの花咲く頃
3  逢い引き
4  さよなら
5  想い出のサントロペ
6  ヨイトマケの歌
7  イカルスの星
8  コメプリマ
9  それぞれのテーブル
10 ダニーボーイ
11 リリーマルレーン
12 商売やめた
13 枯葉
14 ある恋の物語
15 ある古い歌の伝説
16 大切なあなたにありがとう(オリジナル) 
EX   Take the "A" Train

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月 9日 (木)

やれやれ・・

またサポートキーボードのオファー。
やっとスコアが届く。包みを開けてビックリ。(げっ!29曲もあるじゃん!)
3日後にリハ。本番6月24日。

またも試練がやってきたかっ。
201169_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月 7日 (土)

本番修了。

久々のライブでしたが、なんとか演ってきましたよ。
会場はコンサートホールでフルオーケストラには少し狭いかもしれないけどパイプオルガンが備え付けてある豪華なホールでした。
今回のバンド、結局11人の大所帯になっていました。
構成は女性ボーカル、ピアノ、ドラムス、ベース、パーカッション、ギター、キーボード、テナーサックス&フルート、アルトサックス、リコーダー、尺八。
今回、キーボードの役割としてはstrings、cello、brass、horn、organ、accordion、bell、〜といったマルチ系。
準備期間もなかったので(2週間前に誘われ演奏は本番合わせても4回)仕事や家事の空いた時間は譜面を見ていたからずいぶん読める様になりました(笑)
バンド全員、黒スーツに蝶ネクタイ。オーケストラ団員のいでたち。ホールの雰囲気にはピッタリではあります。
とりあえず終わった訳ですが、祭りの後の寂しさが残る。
本番に向けての焦燥感がなくなりホっとするはずなのにね。
きっとライブが好きなんです。
<リハ風景>
2011050615160000

一応、セットリストはこんな感じでした。
14曲ですが、中には10分以上の曲もあり、2時間強の演奏時間になりました。
<一部>
モン・パリ
ラストダンスは私と
想い出のシチリア
愛は踊る「(映画)会議は踊る」より
別れの詩
オ・トワ・ラビィ
覚えてるでしょ

<二部>
木漏れ日の中で(祈り)〜オリジナル〜
天昇輝龍〜オリジナル〜
Bule Sky〜オリジナル〜
The Rose
遠い空より近く
川の流れのように

<EN>
時代

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年4月23日 (土)

出演決定です。

チャリティーコンサートのサポートKeyやります。
ジャンルはシャンソン、カンツオーネ、ポップス、J−ポップ、等。
来るもの拒まず!です。


Tyari

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年3月 1日 (火)

再開しますか。

そろそろ暖かくなってきたし楽曲制作を再開。
作業部屋(物置になっている6畳間)は暖房無し。寒くてとてもじゃないけど長い間座っていられなかったのです。
自分の部屋が欲しい。。
という願望は冬を乗り越えれば何処へやら。

僕は頭の中のワンフレーズから作り始めます。
さて、どんな曲に育つかな?自分でもこの段階では解りません。
楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月19日 (水)

新曲発表「北風」

お待たせしました。新曲です。
実は、完パケバージョンではないのですが、冬の曲なので旬のうちに投げ込み投稿しまーす。

YouTube「北風」

聴いてみてください。


「北風」 
song by 牧田一平

(1)
朝の冷たい公園で
白くゆっくり息を吐く

君が暮らす赤い電車のゆく町も
冬が重なって春を待ちわびて

破いて捨てた約束は
空き地の隅に置き去りで

君が昔好きだった恋の歌は 
いまも胸の中聞こえてるのかな?

君に伝えたくて歌う声はかすれてゆく
言葉じゃなく形じゃなくそこにいつも願いをかけて

北風が吹いている僕達は春を待つ
いつの日か芽吹くよう明日へと向かってる この道で

(2)
誰もが肩をすくめて 
足早にうちへ帰る頃

星がひとつ厚い大気を突き抜けて
見えてくるんだよ光が届くんだよ

君に伝えたくて歌う唄はあてもなくて
答えじゃなく飾りじゃなくここにいると呼びかけてるだけ

生まれゆく星達も老いて行く太陽も
また明日がやってきて生まれ変わり繰り返す

どんなに離れても変わらないことがある 
そう信じてただ信じて僕達は繋がってくんだ

君の住む町に春が来るその前に
僕達はそれぞれに未来へと歩き出すこの道を
 
北風に向かい歩いてゆく

| | コメント (8) | トラックバック (0)