« 2012年10月 | トップページ

2014年10月

2014年10月27日 (月)

2014年10月26日(日) Live House 浜松窓枠【DAMONDE やったれいGIG 2014】

昨日のライブから一夜明けさっそく今回も(前回は4年前)
がんちゃんがライブレポを書いてくれました。
こちらにアップしておきます。来られなかった方が喜んでくれると良いね。
しばらくほったらかしにしていたブログです。
コメント欄で同窓会するなり掲示板にするなり好きに使って下さい。
writed by がんちゃん
photo by 中山さん     提供ありがとうございました。
〜以下 本文〜
DAMONDE やったれいGIG 2014
2014年10月26日(日)
Live House 浜松窓枠
1週間前の天気予報では秋晴れだったのに、直前になって雨予報に変わってしまった日曜日の浜松。今日は8月に信ちゃんのバースデーライブで発表されて以来、ずっと楽しみにしていたSMILEの復活ライブの日。SMILEのメンバー5人が揃うのは2000年12月24日の渋谷クラブクアトロでのワンマンライブ以来13年と10ヶ月ぶり。この日をどれだけ楽しみにしていたか、はやる気持ちを抑えながら会場へ向かいました。
晴れたり曇ったりなんとか雨に降られずにLive House 窓枠へ到着。開場を待っているとフラっと達ちゃんと一平くんがライブハウス前に出てきてライブを見に来た人達に挨拶をしたり、楽しそうにおしゃべりをしていました。
初めて入った窓枠は天井が高く開放感があってステージの幅も高さもちょうどよく、とても見やすいライブハウスでした。12:30開場、13:00開演、16:50終演予定と通常のライブより少し早めの時間からのスタートだったので出演者の家族や友達、子供連れのお客さんも多く、とってもアットホームな雰囲気でした。開演時間になるとステージにはMCの方が登場!と思ったらなんとアフロヘアー(←もちろんカツラです)の池沼さんでした!まさかこんなに早く池沼さんが登場するなんて思っていなかったのでビックリ(笑)。
1組目のシルバーエンジェルスが終わると信ちゃんと池沼さんが参加したセッションバンド(曲:サマータイム・ブルース)が登場、さらに2組目のBroken Checkが終わると一平くんが参加したセッションバンド(曲:Johnny B. Goode)、達ちゃんが参加したセッションバンド(曲:Jumpin'jack frash)が登場と、メンバーもSMILE本番前にステージに登場して会場を湧かせていました。
15:40セッションバンドの演奏が終わり残すはSMILEの出演のみとなりました。するとメンバーがステージに楽器のセッティングに登場。ここでやっとながちゃの顔を見ることができて一安心。だってレアキャラすぎて全然顔を見せてくれないんだもん(笑)。SMILEがセッティングしている間はとっちさんと和尚さんが時々メンバーに絡んだりしながら楽しいトークで繋いでくれました。一度全員がステージからはけると、綺麗な声の女性がまるで結婚式の新郎新婦の馴れ初めを紹介するように、SMILEの結成からデビューそして解散までのいきさつをナレーション。いよいよSMILEの登場です。
15:55『AND ON WE GO』のSEが流れると歓声の中メンバーが登場。私もSEを聞いた瞬間鳥肌が立ちました。周りでは既に泣き出す人も。さぁ待ちに待ったSMILEのライブスタートです!メンバーは全員この日のために作られた紺色のSMILE Tシャツを着て登場!お揃いの衣装でライブなんて今まであったっけ?というくらい貴重な光景でした。みんな似合ってたよ!
Smile2014nowar
信ちゃんを中心に後ろにドラムのながちゃ、向かって右はギターの達ちゃん、左にベースの池沼さん、池沼さんの後ろにキーボードの一平くんとメンバーがそれぞれの定位置に着くと、会場からの手拍子に乗ってこのまま1曲目と思いきや、スタート早々に達ちゃんのギターの音が出ないというハプニング(笑)。さすが達ちゃん持ってるなぁ〜。会場からも笑いが起こっていましたがお陰で一気にリラックスムード。達ちゃんの「OK」を待って仕切り直し、ながちゃのカウントから1曲目の『明日の行方』へ。SEのまま『AND ON WE GO』だと思っていたのでビックリ!そしてとっても嬉しかった。ながちゃのドラムに達ちゃんのギター、池沼さんのベースに一平くんのキーボード、そして信ちゃんのボーカル。やっと5人のSMILEに会えました!会場は感動して泣いている人が多かったけど、私はとにかく嬉しくて嬉しくて一緒に歌って踊ってました。メンバーも笑顔で楽しそうだったけど、緊張しているか感動しているのか最初はなんとく顔が固かったです。
曲終わりで「こんばんは、SMILEです」と信ちゃんの挨拶。続けてながちゃのカウントから『LOSER』へ。信ちゃんと達ちゃんが顔を見合わせて笑顔だったり、池沼さんのとびっきりの笑顔にかっこいい曲なのに会場は幸せオーラで一杯でした。さらに『ジグソーパズル』へ。会場からはお約束の紙飛行機が飛び交い、懐かしい光景が見れました。当時は殺人的に紙飛行機がメンバーに突き刺さりそうになっていたけど今日は大丈夫だったかな?会場と一体になれる『ジグソーパズル』は楽しくて大好きです。
Plane
Letterplane
曲が終わると会場からはそれぞれのメンバーの名前を呼ぶ声が。すると名前を呼ばれたながちゃが普通に「はい」と返事。これには思わず笑ってしまいました。そんなながちゃはステージ上から客席をスマホのカメラで撮影。客電も点いていない会場を撮影してちゃんと写っているのか心配でしたがとっても楽しそうな笑顔だったのでよしとします(笑)。
「ありがとうございます。SMILEです」と改めて信ちゃんの挨拶。「こんなさわやかな45歳と52歳いないでしょ?」と信ちゃん節のMC。5人のメンバーがこうして揃うことを諦めかけていたという信ちゃん。今回この企画を立ててくれた方々に心から感謝をしていました。その中でもSMILEの登場前に司会をしてくれていた、とっちさんはSMILEの潤滑油のような人でアマチュア時代から何かあるとメンバーの間を取り持ってくれていたと話していました。会場を見渡すと1曲目から泣いている人が多くつられそうになると言う信ちゃん。「がんばるわ!」と今日は泣かない宣言をしていました。そしてオープニングで達ちゃんのギターの音が出なかった件に触れて「やっぱりSMILEだと思った」と笑って達ちゃんに「完全に何か持ってるよ」といたずら顔で言っていました。さらに「皆さん知ってます?今、土砂降りですよ」と突然の信ちゃんの報告に会場からは「えー!」とビックリした声が響きました。
すると、数日前からリハーサルのために浜松入りをした信ちゃん、しかしその日だけ大雨だったと報告(笑)。そうそう、信ちゃん雨男だったもんね!と思っていたら「池沼さんのせいで雨降っちゃって」と池沼さんに振る信ちゃん。「ここで来た!?」と戸惑いつつも嬉しそうな池沼さん(笑)「いや、俺じゃないでしょ?雨男説は信ちゃんとかながちゃとか」と今度はながちゃに振ってくれました(ナイスパス!)。でもながちゃは話に乗ってくれなかったよ(残念)。さらに今日共演している他のバンドとの関係性などを話してくれた信ちゃん、途中で話を繋げてくれる池沼さんに対して「池沼さんがいてくれると助かるなぁ〜」と嬉しそう。今日は完全に甘えモード入ってる信ちゃん。頼られて嬉しそうな池沼さんは「今日はしゃべるよ」と"舌"好調です。
次の曲の曲紹介をしたかった信ちゃん「じゃあ、大切なした…」と思いっきりタイトルを噛んでしまって会場からブーイング(笑)。すると水と一緒に持ってきていたビールを飲んで「飲まないと歌えなくなっちゃって」と誤魔化し、改めて曲紹介をすると『大切な人』へ。一平くんのキーボードが優しいメロディーを奏でるので、聴いてるこっちも優しい気持ちになります。
「ありがとう」と曲を締めると再びMCへ。信ちゃんは今年、池沼さんがやっているQUEENのコピーバンド9UEENを観に浜松へ来たそうですが「それまでは何してたの?」と約14年間の池沼さんの話を聞き出そうと話を振ってくれました。「ここで来る?」とビックリしつつもSMILEの活動を休止してからしばらくはベースも持たず音楽から離れていて、ようやく3年くらい前にながちゃとバンドをすることになってベースを持ち、今は9UEENをやっていると話てくれました。すると信ちゃんはながちゃに「オレがあんなに誘ったのにやってくれなかったじゃん」と嫉妬して問い詰めるとながちゃは苦笑してました(笑)。池沼さんの話にちょこちょこ入ってくる信ちゃん。自分でも「今日嬉しすぎておかしい」と言ってましたが、ホントに子供のように満面の笑みではしゃいでました。「来年あたり9UEENとSMILEでツアーしよう」と信ちゃんに誘われて嬉しそうな池沼さんでしたが「でも池沼さん、両方に出るだよ」と信ちゃんに言われ、両方出るのは大変だ!と気付き笑ってました。しゃべりたいことが一杯あってトークが止まらない池沼さんですが、やや時間が気になりだすと「あと8曲やる予定だったけど池沼さんのせいで…」と信ちゃんから巻きの合図。ちょっと早口になりつつ会場のみんなに感謝を伝えていました。その後、ながちゃと一平くん、達ちゃんの紹介もあったのですが、かなり駆け足でほぼ名前だけでした(苦笑)。
すると突然、メンバー全員で『UNKNOWN WORLD』のコーラス練習をはじめるので会場のみんなはビックリ&笑い。しかし、そのまま会場にも手拍子&コーラスを歌わせると、バンドの音が入り『UNKNOWN WORLD』へ。みんなはコーラスに戸惑っていたけど、私はいつも池沼さんと一平くんと一緒にコーラスを歌っているから楽勝でしたよ♪「onドラムス、長里一徳」と信ちゃんに紹介されながちゃのドラムソロ。さらにそれぞれメンバーのソロへ、信ちゃんはギターをかき鳴らしたかと思ったら、達ちゃんと立ち位置をチェンジ。しかし、信ちゃんのマイクスタンドは達ちゃんの身長では背伸びしないと無理。もはや鉄板ネタだけど至って真面目な達ちゃんに会場は大爆笑。信ちゃんも達ちゃんのマイクに膝を曲げて合わせていました(笑)。
続けて『風と雨の強い日』へ。一平くんのタンバリン登場!!待ってました!ここからは盛り上がり曲が続きます。信ちゃんが会場を煽るからすごく暑くてドンドン汗だくになっていきました。赤い照明がステージを照らすとギターのイントロから『DRIVE』へ。最後はみんなでジャンプしながら演奏。信ちゃんの「PLEASE GOD!!」の声と共に一平くんのイントロから『PLEASE GOD!!』へ。めちゃくちゃ盛り上がるし楽しい曲なんだけど、この曲はライブの終わりも連想させる曲なのでイントロを聴いた瞬間ちょっと寂しくなりました。でも、信ちゃんがギターを置いてハンドマイクになって、会場を煽りみんなに前に来いと手招きをすると、信ちゃんの周りにみんなが集まってきて、ちょっとしたモッシュ状態に。メチャメチャ盛り上がってみんなが笑顔になってるのが見えて嬉しかった。一平くんのキーボードソロもかっこよかったし、まさかこんなに汗をかくとは思ってなかったけど、これで盛り上がらなくてどうする!と暴れてきました。最後に信ちゃんが「浜松愛してます」と叫んでました。
「酸素がないと…」と盛り上がった後の疲労感たっぷりな信ちゃん。曲順表は老眼でも見えるけど、客席の顔が見えないと自虐的なことを言いつつ「僕等が来年20周年でしょ!皆さんの年がね…」と言うので客席からブーイング(笑)。すると池沼さんに「きみまろっぽいよ」と突っ込まれていました。そして、今日のイベントに関わってくれているすべての人達と来てくれた皆さんと今日来れなかった仲間達に感謝をして、是非浜松を盛り上げてくださいと言っていました。
セッティングの間少し沈黙が流れると「ここは繋げってこと?」と池沼さんのトークタイム(笑)。池沼さんが話してると後ろでながちゃがスマホを構えていて、写真だと思ってポーズをとる池沼さんに「動画だから」と突っ込むながちゃ。「動画なら言ってよ」と照れる池沼さんなのでした(笑)。さらに達ちゃんも会場にいる先輩に「今日どうですか?」と聞くと「100点」の答えが返ってきて嬉しそう。「ながちゃのドラムは歌いやすいんだよね」と言う信ちゃんに照れ笑いのながちゃ。今日は終始控えめであんまり喋ってくれなかったけど、たくさん笑顔が見れました。「一平のキーボードはそうでもないんだよね」と信ちゃんにイジられてトークのバトンを受け取った一平くん。話ていいよと言われてもいつも途中で止められちゃうので信ちゃんの顔を見ながら話てくれたのですが、なかなか話が進まず結局時間切れで話を切られてしまい結局内容が分かりませんでした(笑)。ながちゃも途中で一平くんの背中を叩きに来てくれたのに残念。達ちゃんは短い言葉で「ありがとうございます」と感謝を伝えると「泣きそうなんで曲にいきます」と挨拶を締めくくってくれました。
信ちゃんがまた5人が同じ方向を向いたら3人とかじゃなくて5人でSMILEとしてやると宣言してくれた事が心強くて嬉しかった。「またいつかお会いできたら嬉しいなと思います。ありがとう。最後の曲です」と曲紹介から『流れ星と月の石』へ。ずっと楽しくて笑ってたけど、この曲が最後なんてなんかズルい。次がいつかも分からないしライブが終わっちゃうのが寂しいし、目の前の池沼さんと一平くんはめちゃくちゃ優しい笑顔だし、信ちゃんと同じで泣くつもりなんて無かったのに途中から涙が出てきちゃって困りました。最後は歌詞にリンクして青い照明に照らされるメンバーを目に焼き付けていました。そしてメンバーは会場に手を振りながらステージを去って本編終了。この時点で17:05すでに終演予定時間を過ぎていました。
しかし、鳴り止まないアンコールの手拍子に17:08、再びステージに登場!「ありがとうございます」と挨拶すると『昨日の少年』へ。今日はやらないのかな?と思っていたらアンコールに持ってきた!それ反則だよ。浜松で『昨日の少年』が聴けるなんて嬉しすぎる。黄色い照明に包まれてしかも、久しぶりにながちゃのコーラスがキター!!それだけで感動。あーやっぱり5人のSMILEっていいなぁ〜って改めて思いました。曲が終るとみんな楽器を下ろしてステージ前方に集合、すると信ちゃんがとっちさんも呼んでみんな一緒に肩を組んで「どうもありがとう」と挨拶して17:15ステージを去っていきました。
Setlist
客電がついてさすがに終演かな?と思っていたら、アンコールの手拍子が起こり、次第に手拍子が大きくなると、17:17メンバー登場!「お客さんのためじゃないよ、とっちのためだよ」と信ちゃん。「とっちのためならやるけど」って言ったら土下座までしてくれたというとっちさん。感謝感謝です!本当にありがとうございます。すでに楽屋に戻っていたらしく、しかも楽屋が土足禁止のため履いていたブーツを脱いでしまったので違う靴で登場の池沼さん(笑)。音の確認をしつつもこの日のために練習したからもう曲がないという信ちゃん。「クラゲとかやりかけたんだけど、難しいねってことになって…」と言うと、会場からは歓声が。そして準備を始めるメンバー。池沼さんは「このベース穴が2つあって、どっちに(シールドを)挿したらいいか」と言うので信ちゃんに「エッチ」と茶化されてました(中2かっ!笑)。一平くんが心配な信ちゃんと池沼さん。会場からも「頑張れ」の声がかかっていました。「みんな一緒に歌ってね」と信ちゃんのカウントでラストソングとなった『クラゲ』へ。盛り上がる会場をさらに煽る信ちゃん、でも歌詞を覚えてないから、途中から即興で今の気持ちを歌詞にして歌い出すから大爆笑。最終的には会場に歌わせて、サビだけ歌うという荒業に(笑)。まぁ信ちゃんだから仕方ない(笑)。終っちゃうのが寂しかったけどこんな楽しい『クラゲ』で締めくくれてよかった。一平くんのキーボードソロもバッチリだったし、ながちゃのドラムの見せ場もバッチリ。やっぱり『クラゲ』はこのドラムがないとしっくり来ないもんね。最後は信ちゃんが「ベース、池沼克己。キーボード、牧田一平。ドラム、長里一徳。ギター、鈴木達也。ボーカル、浅田信一」と全員の紹介をしてくれました。最後は会場に手を振って笑顔でステージを後にしたメンバー。17:25予定時間を30分もオーバーしての終演となりました。
前回の「Electric Smile」からは4年3ヶ月ぶり、5人のSMILEは13年10ヶ月ぶりのライブ。久しぶりすぎてどうなるかと思いましたが、SMILEの音を聴いた瞬間にあの頃のまま歌って踊って楽しむことが出来ました。約14年前のクアトロでのライブの時は、活動を休止するなんて、まして解散するなんて思ってもいなかったので、最後だと思ってライブを見れなかったことがずっと心残りでした。やっと最後かもしれないと思って5人のSMILEを見ることができてよかった。復活ライブだったけど私の中では今日が解散ライブの気持ちでした。本当にこんな素敵な機会を与えてくださったすべての方に感謝します。ありがとうございます。
今回も来ることが出来なかった方に少しでも雰囲気を伝えられたらと思いレポを書かせて頂きました。長いし誤字脱字もあったりして読み難かったかと思いますが、温かい気持ちで読み取って頂けたら嬉しいです。
信ちゃん、子供のようにはしゃぐ信ちゃんを見てたらお母さんみたいに嬉しくて見守ってしまった。またSMILEを聴かせてね!見せてね!ガキ大将、浅田信一がいてくれればまたいつかSMILEに会えると信じてます。
達ちゃん、ギターばっちりでかっこよかった!物販したり外で気さくに話てくれる達ちゃんにいつも元気貰ってます。しばらく見ない間に痩せてビックリしちゃった。体壊さないように気をつけてね。
ながちゃ、私のこと覚えててくれてありがとう。ビックリしたけど嬉しかった。なかなか顔みせてくれないしステージでもお喋りしてくれないけど、ながちゃのドラムは優しい音がするから大好きです。また会える日を楽しみにしてます。
池沼さん、変わらない優しい笑顔で接してくれてありがとう。本当に池沼さんの笑顔が大好きです。帰り際に無理やり呼び出してゴメンなさい。でも快く対応してもらえて素敵な思い出ができました。今度は9UEENも見てみたい。
一平くん、今回もレポを書かせてくれてありがとう。そしていつも優しくしてくれてありがとう。そんな一平くんが大好き。一平くんのキーポードのイントロから始まる曲は印象的な曲が多いから絶対に一平くんでないと!次にまたSMILEで聴ける日を楽しみにしてます。
最後に次にSMILEのライブがあったら大好きな「茨の道を突き進め」が聴きたいよー!いつか聴ける日を楽しみに我がままなリクエストを書いてレポを終わりたいと思います。ありがとうございました。
Smile2014
【SMILE SET LIST】
明日の行方
LOSER
ジグソーパズル
大切な人
UNKNOWN WORLD
風と雨の強い日
DRIVE
PLEASE GOD!!
流れ星と月の石
-EC1-
昨日の少年
-EC2-
クラゲ
【出演者】
シルバーエンジェルス
Broken Check
浜松セッションオールスターズ
SMILE

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ