« 2012年7月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年8月

2012年8月25日 (土)

初ファミリーキャンプレポ(後半)

焚火台の炭火が小さくなり燃え尽きる頃、ナツは車の下で寝ると決めたらしく出てこない。ちょっと覗いて「オヤスミ」と言った。黒い犬なので、暗闇では白目の部分しか見えない。ちょっと怯えているような、心細いような目で車の下からチラッと見上げていました。

僕もテントに潜り込む。きっと、まだ夜8時台だろう。早寝早起きするんだよキャンプは。
外はかなり寒くなってきているけど、テントの中は温かく感じる。きっと・・・と思い、テントの外幕の内側に触れると、やっぱり結露が付き始めている。少し心配になったが、インナーテントやインナーマットはサラサラと乾いているので、全然、不快ではない。まあ明日、陽が昇ったら乾くだろう。

軽く片付けをしてシュラフに入ったのだけど、妻が眠れないようで起きていた。「頭が痛い」というので、肩を揉んであげていると、外の物音が色々と聞こえる。直接見えないだけに余計に気になる。トイレに来る人が多い。大学生ぐらいのグループは大きな声で騒ぎながらトイレの前で話し込んでいる。そのうち、遠くから暴走族の爆音が近づいてきた。道路が近いので迷惑度はハンパない。カンベンしてほしい。そして、トイレに来る人は途切れない。妻の肩を揉みながら「次回はもっと静かなところにしよう。」と思う。

かなりの時間が過ぎて、人の気配もなくなり、テントの中は3人の静かな寝息が聞こえる頃、テントの真横で足音が聞こえた。テントの湖側だ。確か、50cmほどのスペースの向こうは柵があり、湖に落ち込む崖がある。自分の耳を疑った。すると、テントの幕を挟んで1メートル以内で、また足音がした。聴き間違いではない。間違いなく誰かの足音。
心臓の鼓動が激しくなり、戦闘態勢を整える。若者の悪ふざけかと思い、音を立てずに素早くテントの外にでる。すると・・・。


地面にナツのリードが落ちている。ナツがいない!
さっきの足音はナツだ。間違いない。困った事になったと思った。
ナツは群馬県の山中で彷徨っている所を一時保護されていたのを里親として引き取ったという経緯がある。野生の時代があったのだ。以前、逃げてしまった事が2〜3度あったが捕まえるのに一苦労した覚えがある。
こんなところで迷ってしまったらまず戻ってこないだろう。深夜の捕獲作戦決行である。
さっき音がした所にそ〜っと近づき、「ナっちゃん」と小さな声で呼ぶ。「カサカサ」音がする。崖の途中の薮の中にいる。もう一度「ナッちゃん」と声を掛ける。「カサカサ、チャリチャリ。」首輪の金具の音もした。僕の声はナツにも聞こえている。が、小さい声だけど辺りに響く。
まいったなあ、今度は僕が迷惑をかけている(苦笑)
「ナツっ」短く鋭く声を掛けてみる。薮からナツが顔を出した。首輪を掴むタイミングを計りながら間を詰めていく。10分ぐらい掛けてやっと首輪を掴む事が出来た。「ナツ〜(泣)」もう何処へも行かないでおくれ〜。
テントにゲージを持って行き入って頂くが、湖の対岸で花火をしているらしく、怯えてゲージをガリガリするので、車の中にゲージごと運ぶ。このほうが寒くないし、安心だね。怖かったんだね。ゴメンね。そのあと僕もすっかり疲れ果ててしまい、あっという間に眠ってしまったようです。

朝一番で起きたのは僕でした。持ってきたカセットコンロで湯を沸かし、コーヒーを入れる。辺りは明るくなってきているので5時半ぐらいかな?そういえば昨日の夕方から時計を見ていない。時間を気にする必要がないって良いね。
コーヒーをすすりながら湖を眺める。霧が立ちこめているので近くにあるはずの湖面も見えない。
そのうち明るさが増してきたと思ったら、辺りが黄金色になってきた。朝陽だ。
Photo
陽が昇ると霧が湖面を滑るように流れて行き、ブラックバスがあちこちでバイトを始めた。
ロッドは実家に置いてきてしまって無かったので仕方なく、今回はルアーも持ってくるのをやめた。
トップウォーターで攻めたい所(泣)
Photo_4

子供達も起きたようだ。テントの中で「兄ちゃんイモムシ〜」と次男がはしゃいでいる。シュラフに入っている長男が「ゴロゴロ〜ゴロゴロ〜」と付き合っている。
朝食は、ドリップしたコーヒーと、焼そば、ツナコーン、卵焼き、をコッペパンで挟んで食べました。デザートは冷たいマスカット。Photo_2
Photo_3
食事の片付けと共に、あらかたの道具を片付けてしまった。
朝陽に照らされた空気がキラキラと降ってくる。木からも降ってくる。???樹液か?
やべっ、ベッタベタになるぞっ!シールドルーフを掛けておいたおかげで、被害は最小限に抑えられたけど、テントがベタベタする。水で流すようにタオルで拭きました。いつか、雨天の設営があったら、パンツ姿で洗ってあげたいと思う。

気を取り直し、子供達と散歩する。
Photo_5
次男は目を離すと桟橋に行きたがるので危なっかしい。
Photo_7

夏の富士山はこんな感じです。夜には登山客のライトや山小屋の明かりがよく見えます。
Photo_8
撤収はあっという間にできました。風通しが良く、グランドシートもテントも乾燥撤収ができました。
次のキャンプは9月に義父母を連れてデイキャンを予定。そして10月初旬にいつものメンバーでグルキャンを予定。
今回のキャンプの目的は果たしたと思うよ。テント設営&家族共通の趣味が出来たということ。
妻も、「次回はアレをもっていこう。」と乗り気。シメシメだ。
このキャンプ場の設備は清潔で使いやすかったし、景色も最高です。暴走族は近寄るな。ウルサイから。
以上。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年8月24日 (金)

初ファミリーキャンプレポ(前半)

1泊2日でキャンプへ行ってきました。長男が夏休みのうちにね。家族だけでキャンプに行くのは今回が始めて。夫婦+長男9才+次男4才(+犬)の計4人家族です。

今回は自宅から90分で行ける小田急山中湖フォレストコテージさんの湖畔オートキャンプサイト。
まあ、何処のキャンプ場も一長一短があると思います。初心者なので評価はできませんが、観光地ならではのマイナス面が目立ちました、(後で触れると思います。)
当分は色々なキャンプ場を巡ってみて、経験値を上げるつもりでいます。

9時頃出発して、行く途中にスーパーで食材や氷を仕入れました。子供達のテンションは朝からMAXで暴走ぎみ。そんな子供達に内心、イラッ!としながらもグッと抑えて買い物。チビを追いかけながらでは食品を厳選している余裕はなく適当にそれぞれの食べたいものを買って行き、料理は現地で考える事にしました。妻の希望で、東名高速沼津インター近くの「ひものセンター」に寄り、アジの干物と、イカの一夜干しを買い足す。(これは大正解でした。)

今回は、家族を接待して僕のアウトドア趣味に引きずり込むのと、購入したランドロックの初張りがメインなので、料理とかは・・手抜きです(笑)
レポは写真中心でいきます。
残念なのは、一眼レフのデジカメはメモリーカードを忘れてしまい使えず、携帯とビデオカメラのフォトモードのみの撮影です。反省。

現地には1時間早く到着、早チェックインで525円を追加で支払いサイト入り。
サイトNO.A3。水場は近いが、トイレの横。(深夜まで人の気配が強く、トイレの水音、大声で話しながらの利用、水場の蛍光灯の点けっぱなし等は本当に迷惑でした。)

先ずはテントの設営。イメージトレーニングはバッチリ。本で調べたところ「テントの入り口は風下に」というのが定石らしいけど、どうしても寝る位置をトイレや通路から離れたいので、あえて逆らうことにする。たいして風もないしね。
Photo
甲斐犬の故郷である山梨県。ナツも笑ってら。
Photo_15
なんかね、設営の手順とか撮影するつもりだったけど、集中しすぎて撮るのを忘れました。
昼メシはコンビニで買ったサンドイッチをつまみながら、ひたすら設営。
長男も一生懸命手伝ってくれました。サンキュ!

で、ジャーン。完成。
Photo_2
Photo_3
スノーピーク社のランドロック。奥にインナーテントを吊るすと寝るスペースが出来ます。
Photo_4
サイトのレイアウトはこんな感じl。車で遮りプライバシーを確保。焚火は車と湖の間、煙が湖の方向へ流れるようにしました。
Photo_5
ビールで休憩。テントをあらゆる角度から舐め回すようにみる。満足〜。

ロケーション的には「富士山」「空」「湖面」に尽きます。
写真では伝わらないかもしれませんが、この色々な要素が重なり合う風景が太陽の角度でどんどん変わってゆく。スケールのでかいこと。ため息が出ます。
Photo_6
Photo_7
夕方、影が伸びて涼しくなってきたので炭火を起こし、BBQ開始。
いろんな物を一口ずつ。量は少なめに。
Photo_8
イカの一夜干しが絶品!醤油を少し垂らし、焦げた香りで恍惚。
皮付きトウモロコシは噛む度に熱い汁がピューッ!と飛ぶ程ジューシー。もう一本は明日の朝食用に食べずに残しておく。
Photo_9
一度、やってみたかった「焼マシュマロ」
焚火の王道みたいなイメージですが、実際やったのは始めて。
感想はね、なんか楽しい。子供と話しながら火を囲む。子供が火の取り扱いを学ぶには最適かも。
食感は表面がカリッとして、中はトロトロ熱々。新食感だけど、味はやっぱりマシュマロ。
Photo_10


日没近くになってくると、さらに風景が目まぐるしく変わっていきます。

Photo_11
Photo_13
撮影中、コッソリと近づいてきた白鳥に手首をガブっと噛まれました。ビックリしてカメラを落とすとこだった(笑)
Photo_14
Photo_12
Photo_16


19時には寒くなってきたので、テントの中にテーブルを移しコーヒータイム。妻と子供達は早めに就寝。
炭を完全燃焼させるべく火の番で起きていた深夜・・・・
事件は起こる。

後半へ続く。。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年8月14日 (火)

自作デイジーチェーン

お盆休みです。朝からもの凄い雷雨でしたが、行楽へ出掛けた方は大丈夫だったでしょうか?
我が家のお盆休み(仕事柄、これまで無かった)は、長男は独りで東京の親戚の家へお泊まりに行き、妻は仕事&次男と実家にお泊まり中。
僕は独り、23日からのキャンプに向けて準備をしたり、CATVで釣り番組を観たりと、ノンビリ過ごしております。
そんな暇人の僕はロープワークの練習なんてしてみたりして。
たとえばこんな「よろい結び」テント内にロープを張って、いろんな物を吊るしたりするのに便利そう。
2012081418510000
そういえば、買い漁ったアウトドアグッズの中に、吊るして使うものがいくつかあったと思い出し、ホームセンターで150円のカラビナと自在を買ってきてみました。
2012081418020000
ちょいちょいと繋げて、こんなものを作ってみました。
1000円ぐらいでネピュラチェーンというのが売っているらしい(デイジーチェーンというクライミング用品のキャンプ版)のですが、これで十分。
いらなくなったらバラして他の使い方も出来るしね。
2012081418340000
キャンプで使ってみます。レポをお楽しみに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月12日 (日)

オリジナルペイントルアー

押し入れを整理していたら懐かしいものが出てきました。
10年前に自分で塗装したルアー。
今度のキャンプに持って行こう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年8月 5日 (日)

念願のテント購入

家族でキャンプに行くために、3ヶ月前からコツコツと買いそろえていたキャンプ用品。最後まで悩んでいたのが「テント」でした。
いろいろな条件をクリアするモノでなければならず、買い替えなどは考えられなかったので妥協を許さず。
悩んでいるときが一番楽しいということもあり、ヒマさえあればネットで調べ上げた末、決めたのがスノーピーク社のランドロックという大型の2ルームテントです。
2ルームテントというのは一つの大きなテントの中に寝る為のインナーテントが入っているもので、部屋で言うと1LDKみたいなものです。


我が家のテント選びのポイントは。
1、長男を除いて全員肌が弱いほうなので日差しを避けて過ごせること。
<選択肢>テント+タープ  or  2ルームテント        
2、次男がやたら虫に刺されやすい。
<選択肢>フルスクリーン必須(テント+タープ  or  2ルームテント)
3、子供達が小さいうちは目の届く範囲で寝かせたい。
<選択肢>フルスクリーン 2ルームテント
4、子供が大きくなってきた場合、男3人女1人がゆったり寝られる。
<選択肢>フルスクリーン 大型2ルームテント
5、一人でもなんとか設営できる。
<選択肢>厚くて重い生地を被せるタイプを除く。
6、買い替えはない。
<選択肢>長く使っても飽きないもの。材質、質感の良いもの。

少し高価でしたが、満足できるものが見つかりました。
今月末に山中湖畔で初張りしてきます。

ショップで撮った画像
広いですね。一部を子供がゴロゴロできるように、お座敷スタイルにしてもいいし、ナツ(甲斐犬♀)の居場所も作れそう。
2012080510310001

収納サイズは大きいです。とくにインナーマットは想定外(笑)
Photo

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年8月 4日 (土)

「故郷」童謡カラオケ

デイサービスでもよく伴奏していた曲です。
今回、カラオケを作ってみました。
こうして名曲と向き合ってみると、歌い継がれている理由がわかりますね。
メロディーはあえて省きました。心の中で歌ってみてください。
あなたの大切な故郷を想い浮かべながら。

「故郷」
作詞/高野辰之
作曲/岡野貞一
(著作権PD)

うさぎ追いし かの山
こぶな釣りし かの川
夢は今もめぐりて 忘れがたきふるさと

いかにいます 父母
つつが無しや ともがき
雨に風につけても 思い出ずるふるさと

こころざしを 果たして
いつの日にか帰かえらん
山はあおきふるさと 水は清きふるさと

忘れがたきふるさと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年10月 »