« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月23日 (土)

出演決定です。

チャリティーコンサートのサポートKeyやります。
ジャンルはシャンソン、カンツオーネ、ポップス、J−ポップ、等。
来るもの拒まず!です。


Tyari

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年4月21日 (木)

チャリティーコンサート

今日、ライブのお誘いがありました。
サポートメンバーとしてキーボードを弾いて欲しいとのこと。
まだ返事もしていないのだけど、どうしましょうかねぇ。
とりあえずメンバーは知っている顔ばかり(2〜3人は会ったこと無い)。
一昨年には一緒に野外ライブをしたことがあるメンバー。
バンド編成はボーカル、ピアノ、ギター、ベース、ドラムス、パーカッション、木管、金管、尺八?、キーボード(僕)と10人のプロミュージシャンによる大編成です。
演奏時間は2時間程とのことですが、曲目はまだ聞いてないです。
ジャンルは「シャンソン」や「歌謡曲」などと思う。

とりあえず返事しなきゃね、
日時は5月6日(金)18:30開演 JR静岡駅前「静岡音楽館AOI」
<イベントチラシ>

出演が決まったらまたお知らせします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年4月17日 (日)

30分研修の効果

今月より週一回で始めた30分間研修。
参加自由の研修に、デイの職員は自主的に全員参加してくれている。
今までの内容は、「大動脈瘤」「動脈硬化」「糖尿病」「人工透析のシャント」「呼吸器」「呼吸器疾患」「COPD」など。
30分の授業だが、家に帰りレポートをまとめていると調べる事がけっこう沢山あり、たっぷり4〜5時間の勉強になる。
介護の基礎知識に加え、実は「介護福祉士試験」「ケアマネージャー試験」の対策講座を兼ねている。
とっても有意義な講習になっています。

まだまだ、色々なアイデアを形にして良い職場作りをしていきたいなあ。
と、思うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月10日 (日)

桜満開

P1000364


家族で桜満開の伊豆高原に行ってきました。
地震の前から予定していた花見が中止になった為、がっかりしている子供達の為に急きょ予定を立てました。うちの場合、家族全員の休みを合わせられるのは年に数日。せっかくなので宿を予約。やはりこの時勢、2日前で土曜日の予約が簡単に取れてしまう。
普段なら人で溢れかえるであろう桜並木も雨とはいえ道路はスイスイ。

普段、TVやゲーム、玩具などは我慢させるけど。
花を楽しむ心までは子供達から奪えない。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年4月 2日 (土)

忙しかった〜

しばらくぶりのブログアップです。こんなに空白にしたのは初めてかな。
20日から月末までは仕事量が4〜5倍になります。職員の給料計算やら、来月のシフト作成やら、請求書やら、ケアマネ行き書類作成やら、国保行きの書類作成やら、当月の締めと翌月の準備が山ほどあり、そこに利用者さんの急変やら新規利用者さんの契約やら、研修やらレポートやら、etc...が被さってきます。とりあえず一気にやってしまいました。
1週間後には3連休を取りましてですね、楽しみなことが待っているので、頑張っちゃいましたよ(笑)
家に帰ると体力は残ってなく、次男を寝かしつける間に自分も寝てしまうことに。

あと、デイで研修会を始めております。研修会を毎週開き職員のスキルアップに繋がるようにとの考えです。30分ずつの授業にし(集中力があるうちに終わる)ハイペースな授業なのですが、レポートをまとめるのに数時間掛かります。講師はうちの看護士ですが、某福祉専門学校の講師でもあります。もちろんタダ(笑)
昨日は「大動脈瘤について」「動脈硬化について」等でした。
初回でしたが声を掛けておいた他の部所からも含め13人が集まりました。上出来です。
医学的な視点での講義が中心ですが、非常に役にたつ研修会になっていきそうです。
人間理解をする為には医学的な知識が不可欠になってきます。

精神論だけでは老人介護は出来ないと実感してます。
利用者さんの中に入院してしまった方がいて、「胸部大動脈瘤」になっていたようです。
この症例をもとに入院前に現れた症状がどうして起こっていたのか?等の説明で解りやすかった。
が、退院しても受け入れられるか?と問われると難しい。
理由は、「いつ動脈瘤が破裂して出血性ショックにより亡くなってしまうかもしれない」から。
それを踏まえた上で、受け入れられるか?ということ。
精神論だけでいえば「本人と家族が望むなら、気に入っているデイに来て頂き、最後までその人らしく生きてもらいたい。」と思う。では、どう過ごしたらいいのか?となると「破裂させない様に」という問題が出てきて、医学的な知識の基づいての行動を取る必要が出てくる。最悪の状況にも冷静に対応しなければいけないし、他利用者さんを不安にさせる訳にもいかない。
管理者としてはとても迷ったのだけど、入院で空いた空席をそのままにしてはおけず、補欠として新規利用者を入れたので空きはなくなった。
もう、デイに来ることは出来なくなってしまった。まして他のデイには行かないと思う。
せめてもと、お見舞いに行くぐらいしか出来ないけど、何度でも行こうと思う。
研修のレポートを書きながら、すこし不甲斐なさを感じてしまった。

さて、明日は子供達と過ごす休日。ブログアップできてよかった。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »