« こちらは無事です。 | トップページ | 休日のつぶやき9 »

2011年3月16日 (水)

人の強さ

先ほど静岡県東部で地震がありました。
細かい縦揺れに緩く横揺れが混じっていたような感じです。棚の上の軽い物が落ちているのを見ながら、揺れている間、背の高い食器棚(耐震マットのみ)が倒れない様に支えてました。避難経路が塞がったら困るので。1分程で揺れが収まったので、すぐ停電に備え懐中電灯を点けておき、服を着て荷物をまとめました。現金、保険証、薬、乾電池、靴下、オムツ、防災用食品、防寒着、携帯電話、等を袋につめて。7分掛かりました。遅いな。マンションから火が出ていない事を確認。
東海地震へのトリガーにはならないそうだ。でも一応、今日は服を着たまま寝ます。

さてデイサービスでも東京電力の停電情報とにらめっこしながら、なんとか対応していますが、それに伴い節電の為、最小限の電力で営業しています。
朝、利用者さんに「○○時から停電になります。色々とご不便かと思いますが、ご協力お願いします。」と言うと、「そんなこと気にする事はないよ。被災地の人達に比べたら何て事無い。」と、とても協力的。

この方達は戦火をくぐり抜けた強者なのです。暗くなったら明かりを消して、夜中にサイレンが聞こえれば幼い子供達を抱えて防空壕へ潜り込んで、米も手に入らずサツマイモの蔓を煮て食べ、生き抜き、戦後の日本を作ってきた人達です。物がなければ無いなりに生きて行けるはず。人は思っているより強い。そう思わせてくれました。

節電を日本中で本気でやれば原発なんか必要なくなるのではないかと思う。
いままでのエコの感覚ではなく、徹底的にやれば、全員で頑張れば出来る気がする。
問題は現代人の意識だと思う。自分も含めて変わらなければできない。

|

« こちらは無事です。 | トップページ | 休日のつぶやき9 »

介護」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

HORIさん/kentaさん
18:20〜22:00の停電の際、外に出てみました。電気ノイズの気配が無くなった周囲の空気は柔らかく感じて、「悪くない」と思いました。子供達と薄暗い部屋の中でゲラゲラとお腹を抱えて笑う時間も作れたし、普段を見直す良い機会だと思っています。
被災地の方もしっかりと生活を始めていますね。少し安心もしたし、逆に勇気をもらうことさえあります。
皆、それぞれに社会的役割を果たして頑張っています。自分の仕事をしっかりとやることが、巡り巡って誰かの役に立つのですね。お互い頑張りましょう!

投稿: 牧田一平 | 2011年3月20日 (日) 21時42分

ついに東海地震か?と心配しました。
こちらも結構揺れましたよ。

この辺りはもうすぐ停電。まあ、ほんの数時間だよ。たいしたことない。

ホントに普段、どれだけ無駄な電気が使われているか。今だけでなく限りある資源を大切にして生きていかなきゃ

投稿: kenta | 2011年3月16日 (水) 16時17分

静岡県で地震と聞いて一平さん・池沼さん・長ちゃはもちろん、浜松帰省中ツイートから音沙汰無いたっちゃん、信ちゃんのご家族が気になりましたが、一平さん一家が無事で良かったです。

ウチの入居者さんたちも停電のお話をしたら、戦時中の事など話してくださいましたよ。
そして昨日は入浴介助中に電気をつけていたら、『もったいないから消しときなさい』なんて言われちゃいました(笑)
中には不安がる利用者さんもいらっしゃいますが、こんなときでも明るくガハガハ笑って話される利用者さんの元気には本当に救われます。

投稿: HORI | 2011年3月16日 (水) 05時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1370083/39242595

この記事へのトラックバック一覧です: 人の強さ:

« こちらは無事です。 | トップページ | 休日のつぶやき9 »