« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月30日 (月)

作業中につき

ちょっとしたオファーがあり、音楽制作中です。
しばしブログ更新が遅れます。
ちょちょいのちょいと終わらせますので、しばしお待ちを。
8301

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年8月27日 (金)

男の料理

僕の料理は丼ものが多いです。
今日の晩ご飯は「かき揚げ丼」
かき揚げをキッチンばさみで、ザクザクっと切ります。

2010082716490000_2

鍋にだし汁(+醤油+酒+砂糖)を煮立たせ、投入。

2010082716520000

卵は4〜5回まぜるだけ。

2010082716540000

卵の白身だけを先に入れる。

2010082716560000

火を止め卵の黄身を入れてフンワリと出来上がり。
アサリ汁と一緒に食べました。


2010082716560001
それにしても旨そうに見えないな。
簡単3分クッキングでした〜。

このブログの記事を書くのにも3分。。
手抜きじゃないっすよ。

P・S 信一くん、誕生日おめでとう!!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年8月25日 (水)

休日のつぶやき6

今日から長男の小学校では2学期が始まりました。
大荷物で登校する子供達に「気をつけていってらっしゃい。」と、声を掛ける。
みんな元気に「おはようございま〜す。」と答えてくれる。

僕は休暇でノンビリする予定。
最近のマイブーム、またもや近所の温泉へ行ってきました。
サウナ、露天で汗をたっぷりとかいた後、テラスで生ビール&食事を楽しむ。
今日はカツ丼、大好き。

風も涼しく爽快。
2010082512020000

すっかり定番となってきた温泉ホリディを楽しみました。
このペースは自分に合っている気がする。

夕方、長男も帰って来たので一緒に散歩に出掛けた。
いつも「しりとり」しながら歩く。
去年まではナツに引っ張り回されていたのに「僕がリードを持つ。」と少しだけ頼もしくなった。

2010082517360000

ちょうど日が暮れる時間だったので立ち止まって、一服。
ここからの夕日は好きだ。

「明日は晴れるかなあ?」
2010082517500001

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月24日 (火)

我が家の基本

毎朝の散歩、気になるイチジク。今朝は立ち止まり甘い香りをしばし堪能。
2010082406200001

ふと家の中を見回し、見慣れている物や好みを書き上げてみる。
趣味、趣向、が少しずつ凝縮していった物が習慣となり、定着し、固執し、マンネリにもなる。
良い意味でも悪い意味でも。色々な物を選んでいるんだなあ。


基本、無洗米
基本、家の中はクツ下禁止。(ナツの毛が付くため)
基本、チキンラーメン常備
基本、BROOK'Sコーヒー
基本、アリエール+ハミング
基本、バナナは冷蔵庫
基本、ウェットティッシュ=おしりナップ
基本、低脂肪牛乳
基本、蚊を発見したら全員で追い込み必ず駆除。
基本、オロナインH軟膏
基本、キャノーラ油
基本、家の中では全員Tシャツ(冬でも)
基本、歯磨き+フッ素
基本、常に留守電(固定電話)
基本、醤油は冷蔵庫
基本、アイムス小粒7歳以上
基本、ウナコーワク〜ル
基本、遮光カーテン
基本、開封後は洗濯バサミ
基本、ペヤングソース焼そば常備
基本、水族館好き
基本、ヤマザキふんわり食パン

切りがないね〜。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年8月23日 (月)

smile15thのブログ

久々にsmile15thブログを覗いてみた。
なんだか、時間が止まったままになっていたので、落書きをしてきました(笑)
SMILE的には何も起こりません。あしからず。

20100823_1752_4

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月22日 (日)

夏休みの宿題

ブログの表示設定を変えて(タイトル表示のみ→全文表示)、しばらく経ちますが、ネット環境次第では画像などの表示に時間がかかる方がいるのでは?と心配しております。
皆さん、いかがでしょうか?

今日は朝から長男の宿題の仕上げ。次男は昨日の疲れか?熱っぽいので静養。僕はお座敷小唄のカラオケ制作。
2010082211070000

将来、漫画家になりたいそうだ。絵は好きみたいだよ。
2010082216140000

完成。朝から5時間掛かってました。がんばったね。
2010082217260000

100円ショップで買ってきた絵の具。発色がイマイチ。というか水で薄めてあるみたい。

とりあえずお疲れさん。宿題終了!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年8月21日 (土)

静岡県〜東京都〜山梨県(ぐるっと行ってきました)

朝から東京都八王子市まで車で2時間ちょっと。
小学生対象の「夏休み介助犬イベント」へ家族4人でゾロゾロと行ってきました。
「何か質問は?」と司会者の方が言うたび(5〜6回)に長男「はいっ!」と、一人だけ手を挙げ質問攻めにしていました。ハリキリすぎじゃ。(笑)
P1000247
長男には特に前もって話をしていなかったので、「盲導犬」「聴導犬」「介助犬」(総じて補助犬という)が混同していましたが、興味は持ってくれたようす。
P1000248

(昨日の記事に「利用者」と書いてしまいましたが、今日は「使用者」「ユーザー」という言葉を使っていました。身体障害者補助犬法などの全文を把握していませんが、間違っていたらすみません。)

ユーザーさんの、お話も聞かせて頂きました。
迷い無く、「介助犬が側にいることは、今では自然なことで、いてくれる事がどれだけ安心感を与えてくれるか。」と、いうお話でした。やはり介助だけではない「力」を与えてくれているんだなあ。と納得しました。
身体障害者の方の共通した悩みの中に「周りも忙しい中、同じ事を何度も頼むことに気を遣う。」「最初は良くても、嫌な顔をするようになってしまう。」ということを話されていました。
「手の握力が弱く仕事中に何度もペンを落としてしまう。」「何度も何度も拾ってもらう事が申し訳ない。」「介助犬は、それを嫌な顔一つしないで、むしろ喜んで拾ってくれる。それだけで仕事を続けられる自信になる。」「外出すると歩道に段差があり車椅子で車道を通らざるをえなかったが、介助犬が前を持ち上げて歩道にあげてくれる。」など、小さな介助が大きな自信に繋がっているんだと感じました。

自分も介助する側。犬に負けない様にプラスαの自信を与えてあげたいと思いました。
「居るだけで安心出来る存在感。」どう?こんなスローガン。がんばります。

あと、補足ですが、身体障害者補助犬法では、公共交通事業社(バス、電車、タクシー、等)や公共的な建物(デパート、ホテル、飲食店、等)へ、身体障害者補助犬を同伴することを拒んではならない」とあります。社則が「ペット禁止」の飲食店でも断る事は出来ません。僕からも、ご理解をおねがいします。
それと、すべての補助犬達が仕事している間は撫でたり、目を見て声を掛けたりしないでください。
気が散ると危険な場合もあるそうです。「優しい無視」をしてください。と、おっしゃっていました。


さて、あっという間に終わってしまって、このまま帰るのも勿体ない。
八王子ICから中央道に乗り、山中湖へ向かいました。
P1000250


P1000252

山中湖は涼しい〜(21℃)
P1000257


「ほうとう鍋」を食べたくなっただけですが。
P1000267
このお店、初めて入ったのですが、鍋もワカサギのフライもイマイチでした。残念。。
前に行ったお店にしておけば良かった。それだけが悔やまれるっ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月20日 (金)

夏休み介助犬イベント

明日、8月21日(土)に東京都八王子市にある(社)日本介助犬協会で行われる、小学生対象のイベントに参加します。
以前、盲導犬のイベントへは参加した事があったけれど、介助犬を実際に見るのは初めてです。
介助犬は利用者のニーズに合わせて訓練されている犬です。
人が人の為に、24時間365日、身体介助の為に付き添う事は、家族でもない限り不可能に近い。
介助犬ならば可能。何より利用者の生活の質(Quality of Life)の向上は計り知れないものがあるでしょう。ただし、一匹の介助犬を育てるには手間も費用も掛かる。
利用者が全額負担できるはずもなく、協会では理解と協力(募金やパピーホーム等)を求めているというわけです。
うちの子の社会勉強の為にも行ってきます。

Cimg0313Ltp_dog

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月18日 (水)

長男が帰ってきました。

久しぶりに会う長男は、涙目。
なにが悲しいのかというと、お世話になった親戚との別れや、遊び回った後の寂しさによるものなんだけどね。
理屈じゃ慰めようが無いので、声を殺して泣いている長男の頭を撫でてやった。

子供には子供の価値観があるんだね。余計な事は言わないよ。
「別れは辛く悲しく寂しい。いなくなって、かけがえの無い物だと気付くのだよ。」
と、本当は言いたいところだけど。黙って頭を撫でるだけ。
大人への階段は一段ずつ昇ればいい。冷めた子供になんてなって欲しくない。
沢山、泣けばいい。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年8月16日 (月)

さよならも言わないで

今日、デイに出勤したら。。。

ツバメの巣が、もぬけの殻。
そろそろ巣立ちかな?と最後の写真を撮ろうかと思った矢先に、巣立ってしまった。

「空の巣症候群」という病気(抑うつ症状)を聞いた事があるけど、それは子育てが終わった人間の話。

4羽が無事に巣立って、良かった。
しばらくは近所で、飛行や餌の獲り方を練習するんだろう。

「まったく、さよならも言わないで。」「ありがとうの一言ぐらいあったって良いわよねぇ。」なんて皆で冗談を言い合う。

昼休み、外に出ると目の前を燕尾の短いツバメが横切っていきました。

「皆を楽しませてくれてありがとね〜。」と思いながら見送りました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月15日 (日)

のど自慢大会

来月、勤務先の施設グループ全体で行われる祭りがあります。
毎年恒例になっており、去年、一昨年はバンド演奏(ベース弾きました)、マジックショー、腹話術、寸劇(職員)、民謡。等々。
今年は「のど自慢大会」。デイサービスの利用者さんも出場します。
デイサービスの曲目は千昌夫さんの「 北国の春」。
カラオケを用意しようと探していたとき、ふと思いついた。
「作っちゃえ。」
というわけで作りました。つい、アレンジしてしまうが、行き過ぎない様に。
利用者さんが気持ちよく歌える様に。
ちゃんとガイドのメロもいれて、カラオケっぽくなってきた。
曲の構成やサイズはそのままに。間奏はオルガンソロ。このぐらいはいいよね。
GarageBandでチョチョイのチョイ。
はい。出来上がり。

頑張って唄ってくださいね〜。


2010081512050001

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年8月13日 (金)

超マッサージ(チェア)

今日も近所の温泉に行ってしまいました。
近いのにあまり行った事がなかったのですが、先週行って気に入ってしまった。
そのうち、回数券とか買っちゃうんでしょうね。(笑)
盆休みだからでしょうか?お客さんが沢山来てました。といっても、寂しくなくていいや、ってぐらい。
今日もサウナ&露天がサイコーに気持ちよかったです。

さすがに毎回、整体をやってもらう贅沢はできません。
Seitai

今回、目をつけたのはマッサージチェア。15分200円

Massa


いや〜。なんなんでしょう。どういう仕組みになっているやら、まさに全身やってくれるんですね〜。ビックリしました。足の裏までは見たことあるけど、まさか手のひらやウデ、足を引っ張ったり、背中やるときに腰をつかまえたり、肩をつかまれたり。もはやロボットです。モビルスーツです。
こんなの欲しい〜〜〜。
と思って調べてみたら・・・定価は80万円弱だそうです。

いらんわっ!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年8月12日 (木)

認知症を育む

今日、うちのベテラン看護士さんと話をしたときに、興味深い話になりました。

今の高齢者は認知症を知らないのでは?という話。
昔は、「認知症」という病気を、「ボケ」とか「痴呆症」とか呼んでいた。
自分が認知症では?と疑問を持たずに症状が進行していく状況にある。また、認知症に対する対応も出来ない。本気で怒ったりしてしまいます。

〜介護業界では常識〜

例:家族が認知症になり「誰かが私のお金を盗った。」という言葉に対しどう答えるか?考えてみてください。

①一緒に探しましょう。
②最初から無かったのではないですか?
③そんなこと言わないでください!
④家族に泥棒はいませんよ。

認知症に対する基本的な対応としては、「怒らない」「叱らない」「否定しない」などがあります。
このなかではベストアンサーは一番目の答え。

自分が思い込んでいることを否定されると、納得がいかないばかりか、怒りが湧いてきます。
嘘は猜疑心に繋がるし、強い否定は嘘をついて隠してしまう様になります。
そして、被害妄想や、「嫁が金を盗んだ」などと一日に100回も言う様になってしまいます。
しかもこの場合、本人は本気でそう思っています。
さらに認知症が進行して身体のコントロールが効かなくなっても最後まで感情は残ります。
最後まで残る感情が「怒り」「恐怖」「疑心」「被害妄想」などだとしたら、嫌ですよね。
それよりは「楽しい」「嬉しい」「感謝」「信頼」とかのほうが断然いい。

子供を育てる様に、「認知症が進行していく高齢者を育んでいく」という考えを学んだ。
「ありがとう」と一日100回言っても、怒る人はいないでしょう。
自分が認知症だったら、そんな穏やかにニコニコ笑っている愛される認知症になりたい。
そのためには介護者が周りで掛ける言葉は「ありがとう」「助かります」「ごめんなさいね」を多くするべきだと思う。

トイレに行こうとして玄関から出て行こうとする利用者さんに「そっちじゃないですよ〜!」「あ〜○○さん、出ちゃだめですよ〜。」なんて大声で叫んでいる施設よりは、「○○さん、戸締まり見てくれたの?ありがとう。トイレに行きませんか?こっちですよ。」「いつもすいませんね」なんて言ってあげたいですね。

Hima

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月11日 (水)

次男と買い物

今日、長男は東京の親類の家へ6泊7日で泊まりに行きました。
宿題をほとんど終わらせたので、気持ちよく送り出す。
仕事が終わった後なので、かなりバタバタと見送った後、遅くなったので、夕食の支度は惣菜で済まそうと、次男とスーパーへ買い物へ行った。

売り場を通ると、あちこち指差し、「しゅかっ(スイカ)」「んもんも(もも)」「パンパンマン(アンパンマン)」「おししょー。(おいしそー)」等、目がギラギラして楽しそうだったので、付き合ってしまった。普段の倍も時間をかけてしまい余計に遅くなってしまった。

でも、なんだか楽しくなってきたなあと、感じた。
次男の言葉はどれも、どこか間違っている。というか足りない。だけど一生懸命に伝えようとする姿は、やはり可愛いものです。

買い物をしている客は様々、なんとなく観察してしまう。

ふと思い出した事件。
最近のニュースで、親が育児放棄をして子供を餓死させたという事件。心が痛む。
こんな悲しい事はこの世から無くなって欲しい。
遠くの街で起こった事件だと目をそらさずに、亡くなった子供の心の痛みを思う。

さっき送り出したばかりの長男に、会いたくなる。

・・・逆ホームシック? 早っ。

さて、この一週間は次男に思いっきり構ってあげよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月 9日 (月)

ONE PIECE

急に秋になったような感じ。
日が暮れてからナツ(犬)の散歩に行ったけど、コオロギだかキリギリスだか、虫の声しか聞こえなかった。セミが鳴いていないだけ、なのかもしれない。でも確実に秋の気配。

今日、得したような損をしたような事があった。

唯一と言っていいほど、毎週欠かさず観ているアニメ「ONE PIECE」。
説明しなくても、好きな人は好きだと思うので、説明はしません。
僕は大好きです。

HDD録画してDVDにコピーして保存している。
今年、映画も観に行ったし、当然、コミックスも全巻持っている。。
はずが、、
知らない間に未読の新刊が3冊も出ていた。
そういえばライブとか諸々あって忙しかったからなあ。


9784088700830
ずっと待っていたはずなのに、追い抜かれた感じ。


今日の僕は「うさぎとカメ」のウサギさんでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年8月 7日 (土)

男性介護員の心得

男性の介護員の一人として気をつけている事があります。

この仕事に就く前、ヘルパーの資格を得る為に学校へ通っていました。
同時に未知の分野の為、リサーチもしていましたが、ハローワークでまず最初に言われた事は、「訪問介護は男性を敬遠する傾向があります。」という言葉。
理由は、女性の利用者さんと利用者宅で1対1のサービスになる為、「利用者さんが怖がる。」と。
何度か顔を合わせて慣れてしまえばいいのだろうが、オファーが来ないそうだ。確かに気持ちはわかる。当然といえば当然。
どのみち「訪問介護」は問題が起こったときの判断に経験値が必要なため、最初はムリかな?と思っていたところに追い打ちが掛かったのでパス。

しかし、この問題。ドコの現場だろうが付いてくる問題だと気付く。
「背が高く、力が強く、がさつ。」
女性と違うイメージがある。

考慮すべき点、「利用者さんとの距離」「対面する角度」「話すトーン」「言葉遣い」「表情」「気配」等々、いろいろ研究してみました。

利用者さんに合わせて柔軟にこれらを使い分けていく事が、いかに重要かと身をもって感じます。

男性介護者の特に注意する点をいくつか。(ほとんど介護職の基本ですが。)
1、利用者さんと話すとき近づきすぎない。姿勢を低く、利用者さんの目線より低くする。(背が高いので威圧感を与えない。)
2、正面に立たない。(威圧感を与えない。)
3、表情をいつも穏やかに、笑顔を多く。(自然な笑顔は万能薬)
4、言葉遣いは低い声でゆっくりと。(難聴は高音から聞こえなくなる。)
5、男性利用者さんには特に低姿勢で。(男同士、プライドを刺激しない。)
6、気配を消すことも必要。(女性のトイレ内に付き添うこともあるし、入浴の際なども意識させない。)
7、掃除、洗濯、炊事、など基本的なスキルアップ。(介護職、雑用がかなり多い)
8、平等に接する。(嫉妬されます。笑)
9、女性中心の職場。「生理的に受け付けない存在」になったら最後。(気を遣います)
10、細心の、「気配り、心配り。」

たまたま今日、男性の研修生さんに話をした内容だったので。

マジメな話ですいませ〜ん。

P.S 焼きそば「一平ちゃん」の「からしマヨネーズ」が変わったらしいが、小さい穴を開ければ出来たよ。僕の中では好感度アップならず(笑)


R_imageimgs

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010年8月 6日 (金)

ラジオ体操の歌

「ラジオ体操の歌」

藤浦洸 作詞・藤山一郎 作曲


新しい朝が来た 希望の朝だ
喜びに胸を開け 大空あおげ
ラジオの声に 健(すこ)やかな胸を
この香る風に 開けよ
それ 一 二 三

新しい朝のもと 輝く緑
さわやかに手足伸ばせ 土踏みしめよ
ラジオとともに 健やかな手足
この広い土に伸ばせよ
それ 一 二 三

毎朝、小学生が集まってラジオ体操をしている風景。
僕らの少年時代も夏休みは毎朝、ラジオ体操。
このラジオ体操の歌も昔と変わらず。
今、うちの子供も元気に通ってます。


体操、体操、みんな元気にケイレン、ケイレン。(by YMO)

ちなみにYMOの「taiso]の歌詞
作詞 Ryuichi Sakamoto/Peter Barakan
作曲 Ryuichi Sakamoto/YMO
唄 YMO

マエ エ ナラエ
ミギ ムケ ミギ 
ヒダリ ムケ ヒダリ
ヤスメ
キ オ ツケ
マワレ ミギ
ブルマ
トレパン
トレシャツ
ハチマキ
ウデ オ ムネ ノ マエ ニ アゲテ
ケイレン ノ ウンドー

以下省略(笑)

シュールでカッコいい。
You Tube 「taiso」YMO
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月 5日 (木)

日帰り温泉一人旅

連日の猛暑と諸々の疲労を癒すため、温泉に行ってきました。といっても家から歩いて行ける距離(笑)
公営温泉施設 入場料700円

久々の温泉。
露天風呂は青空の下、風は涼しく、裸で寝転んでも良いベンチもある。
おじいちゃんと、話をしながら湯に入ったり、打たせ湯を試したり、ベンチに座って、そよ風に吹かれて雲の流れを眺めていました。
Roten
Daiyokujo_2

ドドドドッと落ちてくる湯は子供が肩を叩くぐらいの強さ。
ジャグジーや、サウナにも入って、水風呂くぐり、また外へでて、そよ風シャワー。サイコー!

ちなみに、ここは歩行用のプールもあります。泳ぐのは禁止。

1時間近くも入ってしまった。服を着て食事の出来るスペースへ移動。
ここは外のバルコニーがお気に入り。広い視野の眺望で生ビール。

P1000237


P1000238

「天ざる」 700円と安い。ちなみに 「ざる」 350円
P1000241

お腹も満足したところで、整体ルームへ。
60分5200円の全身コースを頼みました。
マッサージは10年ぶり。かなり痛い。「お姉さんもう少しお手柔らかに。。」と弱音を吐き、
「いちばんホグして欲しい背中だけは最強でやってください。」と、笑いを取り?
結局70分もやってくれた。
まあまあ、気持ちがよかった。(半分は痛かった)
凝りを表面に引っ張り上げてくれた感じ。身体の芯にあった疲れも同様。
これで、ぐっすり寝れば疲れも取れるだろう。
もう一度湯に入りたかったけど、湯あたりするといけないので、引き上げる事にしました。

こうして一日、ゆっくりと時間を使いリフレッシュ。
昨日ぼやいた夏バテ疑惑は撤回します。
明日からまた頑張ろう!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010年8月 4日 (水)

う〜。

今日は定例会議でした。
夏バテ気味かな〜。異常に疲れた〜。
夕方、送迎の帰りにRed Bull飲んどいてよかった。なんとか持ちこたえたよ。
明日は休み。何をしようかな〜。
まずは早起きして、ナツの散歩にいこう。「カゲスター」にならないうちに。


カゲスターの技
20091009_3173598


仲間のベルスターはお色気担当。
9815755692962829887464


おやすみなさい。ねむ。。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年8月 3日 (火)

防災訓練

今朝は6時30分頃に散歩に行ったけど、すでに日差しが強くアスファルトにかなり濃い影が伸びていた。

P1000233


「ザ・カゲスター」というヒーローものを思い出した(笑)
Kagestar

今日はデイで防災訓練を行いました。
本格的な訓練は12月に消防隊を呼んで行っているけど、この時期は防災についての話がメイン。
利用者さんに防災について30分程話をしました。

静岡県に住んでいると「東海地震」を無視出来ません。
「30年内にM8級」87%の確率で起こると予測されている東海地震。
ずいぶん前から言われているので時々忘れそうになる。忘れない為にも防災訓練は必要だと思う。


一通り防災についての話が終わって、地震訓練がスタートしました。
利用者さんも協力してくれ、「頭を隠して」とか「落ち着いて」とか「まず火を消して!」とか、
声を出してくれました、(この声かけは100点です!ビックリしました。職員が言わなきゃ。)
とても有意義な訓練になりました。
よく考えたら戦火をくぐってきてるんだよね。
お年寄りの話は良く聞きましょう。


〜おまけ〜
その後、ツバメ子の画像です。
(高画質、是非アップで見てください。)

ずいぶんと大きくなってきました。
P1010221


ほんと親ツバメは大変。行ったり来たり。
P1010225


利用者さんも職員も、みんなで見守っています。
P1010238


4匹はとても元気、旅立つのは8月中旬?
P1010245

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年8月 2日 (月)

自然と子供

子供の観る世界と大人の観る世界、ドコが違うのか?
怖いもの、危ない事、病気、生と死の境目。
こんな事を大人は知ってしまう。

そんな大人は、草むらに潜む、毛虫やハチ、ヤブ蚊、ヘビ等を恐れて、半袖、半ズボンで草むらに漕ぎ入るような事はしない。
高いところ、流れの速い川、海の潮の流れ、天候の急変、カミナリ等の危険、そんなことおかまい無しに暗くなるまで釣りをしていた少年時代。

宮沢賢治が「風の又三郎」という短編小説でそんなことを書いている。

〜あらすじ〜
転校生の三郎は手加減をせず遊ぶ。それにいつまでも付き合っていたら、いずれ命を落とすだろうと村の子供達は気付き、三郎から離れて行く、怖いもの知らずの子供から大人へ成長したのだろう。そして三郎はある日突然転校して、いなくなる。あれは伝説の悪霊「風の又三郎」だったのでは?と匂わせて話は終わる。
〜だいたいこんな感じ〜

結局、いつまでも「風の又三郎」と遊んでいては大人になれないどころか命を落とす。

これ以上はやってはダメだと知っていく。

自然が教えてくれること、いっぱいあるね。
走っていれば転ぶし、落ちる。虫に刺され、かぶれたり、棘も刺さるし、キズ跡が残る怪我もする。
そんな中で危険や、痛みや、手加減を学んでいくのだろうね。

自分で解って欲しいと、父は思います。
心配でしかたがないけど「転ばぬ先の杖」になってはいけない。そう思います。


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年8月 1日 (日)

休日のつぶやき5

今日は、とても暑かった、なにかをする度に汗をかくので、シャワーを3回も浴びた。そのつどTシャツを着替えた。

先日、長男が3年程使っている「虫かご」がついに壊れた。新しいのを買ってあげる約束をしていたのを思い出し、息子2人を連れてホームセンターに買い物に行った。
「虫かご」を買うついでに夏休みの宿題の絵画に使う「画用紙」と自分が使う「デザインカッター」、「強力両面テープ」等を購入。
他にも行きたい店があったけど、暑いので断念。早々に引き上げ家に帰った。

長男のミニトマトが赤くなっていたので収穫。

P1000232

少し、夏の楽しみというのを思い出した。
長男は虫取りに行きたいというので、一人で行ってもらった。次男を一人置いて行けない。連れても行けない。
帽子をかぶらせて、首の後ろに「冷えピタ」貼って、水筒、虫かご、汗ふきタオル、虫取り網。
完全装備で行かせた。悪いね。一人で行かせて。

今年はキャンプに連れて行ってあげたいと思っている。
夏が終わる頃、一緒に行けたらいいな。


帰って来た長男の虫かごには、トンボ、アブラゼミ、セミの幼虫、セミの抜け殻、カエル。トカゲ。
キモイので写真無しっ!「逃がしてきなさ〜い。」


| | コメント (9) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »