« ブログ立ち上げました。 | トップページ | 高齢者の恋 »

2010年5月24日 (月)

デイサービスの一日

さてそろそろ、デザインあれこれいじっているのにも飽きてきたので、
日記のアップを始めようかな。

僕の勤めている施設の話から。
デイサービスと呼ばれる老人福祉施設で、高齢者に対して
入浴、食事の提供、機能訓練、介護方法の指導なんかをしています。
一日の利用者数はMAXで15人まで、月に300人までの小規模型のデイのため、
割とじっくりと利用者さんと関わっていけるところが気に入っています。
(通ってくるご老人達は以後「利用者さん」と書きます。)

デイサービスの役割としては「利用者本人の支援」と「その家族の支援」があります。
例えば、「入浴」を挙げてみると、
利用者本人「家では入れないお風呂に安心して入れる。体の洗えないところを手伝ってくれる。」
その家族 「認知症のため家でお風呂に入ってくれない。清潔にしていて欲しい。着替えも定期的にして欲しい。」
例えばそんな感じ。
家族による介護も慢性的になってくると疲労は相当なものですから、デイに来ている間は家族も少しは息抜きも出来るでしょう。
「入浴」以外でも「食事」「排泄」「運動」「趣味活動」「レクリエーション」等、
日常の生活を支援したり、生活の質を上げる為の支援を行っています。

利用者さんは家にいるときと、デイに来ているときではまったく違う顔をしているようです。
よく聞く言葉の中に。「家にいると早く死にたいと思っちゃう。」「ここにくると仲間がいて、楽しくて帰る時間になると寂しい。」「家では一言も話さない。」なんて言ってます。
家で孤立するのは「認知症」が進行しやすい環境なので、デイに来ている間だけでも、色々な刺激を受けてもらい、少しでも「認知症」の進行を遅らせるように工夫しています。

そんな活動を少しずつ報告していきたいと思い、ブログを開設しました。
主に得意分野である音楽療法については真剣に掘り下げていくつもりです。
(ちなみに音楽療法士の資格は持っていませんので、明記しておきます。)

本日の演奏曲目(ピアノ伴奏)
・上を向いて歩こう
・茶摘(お手つき)
・北国の春
・鉄道唱歌(体操付き)
・我は海の子
・ふるさと
・お座敷小唄(替え歌)

|

« ブログ立ち上げました。 | トップページ | 高齢者の恋 »

介護」カテゴリの記事

コメント

渋谷ライブで近況を聞けた上にブログ始めてくださってうれしいです♪

祖母も介護を手伝っていただいてるので、こういうお話が聞けるとありがたいです。

わたしも大学生の頃に介護施設にボランティア行ってました。
認知症の方を担当していました。

本当に尊い仕事だと思います。

またいろいろ聞かせてくださいね。

投稿: ほんちゃん | 2010年5月26日 (水) 09時54分

一平クン、ブログ開設おめでとうございますnotes

正直、私には、ヘルパーの仕事って想像が尽きませんwobbly
見聞きしているだけでは、「大変そうだな」ってそういう印象なんですsweat01
(旦那サマのお母様がやっておられるのです)
だから、一平クンのブログを通じて、
また違った角度から、
学べたらなぁと思いますshine

いろんな話を聴かせてねwink
楽しみにしていますhappy01paper

投稿: りょんりょん | 2010年5月25日 (火) 17時11分

bud一平くんbud
ブログ開設おめでとうございますsign01
前にもやっていたのにmixi同様 放置してたんですか?
教えて頂けていれば遊びに来たのにflair
一平くんはデイサービスの施設でお仕事されてるんですねshine
大変なお仕事だとは思いますが とても やりがいがあるお仕事な感じがしますsign01
私もヘルパーの資格持っているのですがヘルパーの仕事に就くなら、訪問介護やグループホームに興味があるのですが1番はデイサービスに興味があるんですよねconfident
今の職場に就く時に デイサービスの仕事も探したのですが人気の仕事みたいで なかなか募集がない感じでしたね〜
訪問介護も実習行った時に自分のペースで出来るので楽しかったですね!
歌は演歌や昔の歌を覚えないとですよね!

長くなりましたが これから お仕事や音楽や日常など色んな お話楽しみにしていますねwinkpaper

投稿: ☆ミウ☆ | 2010年5月24日 (月) 23時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1370083/34856238

この記事へのトラックバック一覧です: デイサービスの一日:

« ブログ立ち上げました。 | トップページ | 高齢者の恋 »